ゴムの木

ゴムの木

〜ゴムの木〜

              <観葉植物 〜ゴムの木〜> 
 
          一般的によく見られるゴムの木は、「デコラ」や
         「アサヒゴムの木」と呼ばれる種類のものです。
         でも、実際に“ゴム”を採っているゴムの木は、
         「パラゴム」という種類で、ブラジルや東南アジアで
         見られる種類だそうです。
  

ゴムの木 観葉植物

Top観葉植物〜ゴムの木〜
 
   ゴムの木は、私の幼い頃からず〜っと実家に有り、
  当時に唯一名前を覚えたので、とても印象深い観葉植物です。
 
  幼い頃は「
どうしてゴム状になっていないのに、ゴムの木って言うのかな?」と、
  よく思っていたものでした。
 
  現在、我が家にもゴムの木がありますが、見た目は1枚1枚の葉が大きく厚いというだけで、
  正直あまりパッとしませんが、私には、幼い頃の思い出がたくさん詰まっている観葉植物です。
 
  現在、我が家にあるゴムの木は、約3年前に購入したものですが、
  特に病害虫に犯されることも無く、枯れることも無く、
  ある意味、地道に力強く育っています。(^^)/
 
  一般的に市販されているゴムの木は、
インドゴムの木の仲間です。
  葉は光沢のある濃緑色で、大きな楕円形をしているのが特徴です。
 
  日照につきましては、1年中よく日光に当てるのが理想ですが、室内に置いて育てることも
  可能です。
  ただ、ずっと室内に置いていますと、
葉色が悪くなったり、全体的に軟弱な感じになります。
 
  また、水やりは、真夏(7月から8月)以外は、鉢土が乾いてから与えればで良いですが、
  7月・8月に関しては、出来れば
毎日与える方が良いと思います。
  (
・・ゴムの木に限らず、観葉植物全体として、水やりはこのパターンが多いと思います。
 
  肥料についても、神経質になる必要は無く、大体
春から秋にかけての
  生育期に
2ヶ月に1回程度のペースで置肥を与えると良いです。
 
  先程も述べましたが、我が家では特に病害虫に犯されたことが
  無いのですが、一般的には、
ハダニカイガラムシが発生することがあるみたいです。
 
  また、私自身は直接増やした事は無いのですが、5月から7月位に
  挿し木で増やす事が可能とのお話は耳にします。
 
  ゴムの木は、寒さにも強く、日照調整や水やり等についても、
  あまり神経質にならずに育てる事が出来ると思います。
ゴムの木の葉は、かなり大きいです。
 
病害虫に犯されたりもせず、
順調良く、育っています。
スポンサードリンク
日曜大工な生活 〜Top〜 観葉植物 〜サボテン〜
日曜大工 〜ラティス〜 観葉植物 〜サンセベリア〜
日曜大工 〜花壇〜 観葉植物 〜ゴムの木〜
日曜大工 〜外構〜(古き良き我が家) 観葉植物 〜パキラ〜
日曜大工 〜外構2〜 観葉植物 〜ポトス〜
日曜大工 〜テラス〜 〜害虫奮闘記〜
日曜大工 〜駐車場〜 〜昆虫・動物記〜
ガーデニング 〜ゴールドクレスト〜 〜我が家のペット〜
ガーデニング 〜ソテツ〜 〜我が家の手作り小物〜
ガーデニング 〜アロエ〜 〜私の手洗い洗車〜
ガーデニング 〜ユッカ〜
ガーデニング 〜多年草〜 〜プロフィール〜
リンク集
日曜大工な生活                                       
ゴムの木
Copyright(C)2005-2013 http://www.nichiyou-daiku.com/ All Rights Reserved.